【安曇野イルミネーション】ツイン?穂高?大町?正解は両方!

おでかけ

長野県のイルミネーションを
長年にわたり牽引し続ける
安曇野イルミネーション。

いつも2会場のうちの
穂高がメインだと思い込んでいたのですが
今年初めて大町へ行ったところ
まさか大町の方が素敵でした。

来年も絶対行くので
両方ご紹介します。

きまぐれ家族

きまぐれ家族は
「家族の毎日を楽しむ」
ための情報メディアです。

おでかけ情報から育児、グルメ、
パパの趣味、ママの美容まで
長野から発信しています。

Instagram、Youtube頑張ってます!
↓↓フォローお願いします↓↓

スポンサーリンク

国営アルプスあづみの公園

あづみの公園は2箇所にあって、
ツインイルミネーションと名付けられ
毎年両会場で開催されます。

  • 堀金・穂高地区
  • 大町・松川地区

基本的には穂高が
メイン会場と考えてる人が多く
私もそうでした。
実際穂高のほうが
明らかに混雑しています。

ただタイトルにもある通り
脇役と思っていた大町が
主役級で驚きましたので
ぜひ両方行ってみてください。

堀金・穂高地区

毎年かかさず家族で来ていますが
今年も訪れました。

松本や安曇野インターから行くと
かなり山奥へ行くことになるので
はじめての方は不安になると思います。

ただそれも
冬に長野の山奥でイルミネーション
という素敵なシチュエーションだと思って
楽しんでください。

入ってすぐの広場のイルミネーションも
毎年変わっており
このさきがどうなってるのか
わくわくさせられます。

今年は比較的行くのが早かったのか
毎年このアーチで感動するのですが
明るくてイマイチな感じに
写ってしまいました。

そしてこちらがメイン会場ですね。
イルミネーションが一枚岩のように
敷き詰められて、
完全に非現実的となります。

また毎年音楽にあわせた
点灯が行われており
楽しみのひとつでもあります。
写真じゃ数%しか
伝わりません。泣

大町・松川地区

例年ならばこのまま帰るのですが、
ロードトレインに惹かれて
もう1つの会場へも
行くことになりました。

イメージ的には
更に山奥へ進むことになります。
そして初めて訪れました。

入り口には
二人で手を合わせると
占ってくれる場所がありました。

これが、音と演出で
運命度を表現しているのですが、
本当にしょぼい演出も
含まれています!

カップルでやって
あの演出になったら
少しテンションが下がるので
やらないことをおすすめします。笑

私は娘とやって
もちろん全点灯、大吉でした!
何回かやりましたけど。笑

ココらへんで気が付きました。
あれ!?こっちの方が
ライトの数も敷地も全然大きいじゃん!

この日本一になった
光のトンネルはじめ、
かなり大規模のイルミネーションに
なっています。

ちなみに往復歩くのは
かなり疲れます。
そこで、帰り用に
ロードトレインが用意されています。
ただの集客かとおもっていたので
間違いでした。

この花も
音楽に合わせて点灯します。
次回は動画にして貼り付けます!!!

数十分かけて
一番奥までたどり着いたので、
帰りのロードトレインに乗ります。
これもまた
エレクトリカルパレードのようで
子どもたちに良い思い出を
つくれたのではないでしょうか。

まとめ

長野県のイルミネーションをリードする
安曇野イルミネーションは
更に進化を続けています。

せっかく安曇野まで訪れたさいには
ぜひとも2会場とも足を運んでみては
いかがでしょうか。

ちなみに長野の冬は極寒なので
11月の早い段階に行くのが
おすすめです!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました