【パパの実体験】なぜこどもは自転車に乗れないのか

パパの独り言

先日娘がようやく
自転車に乗れるようになりました。
練習中や後から気づいたことがあり
たくさん後悔したので共有します。

きまぐれ家族

きまぐれ家族は
「家族の毎日を楽しむ」
ための情報メディアです。

観光や遊園地などのおでかけ情報から
グルメ、育児、パパの趣味まで
とにかく楽しむ方法を
長野から発信していきます!

↓↓フォローお願いします↓↓

スポンサーリンク

最重要ポイント

自転車に乗れるようになるために
もっとも重要なこと、
かつ自転車に乗れない子どもが
知らないこと、
それは

自転車は遅いと倒れてしまう

ということです。
自転車に乗れる人なら
わかると思いますが、
自転車は遅く乗ることが
とても難しい。

見守る親はこのことを
必ず認識した上で、
言っても伝わらないので
体感させるための練習を
心がけます。

キックバイクは最高の練習

はじめに言いますが、

補助輪付き自転車は、
自転車の練習にはまったくならない。

要は補助輪自転車は遊びの道具であり
それ以上の道具にはなりえません。
更には、

キックバイクに慣れた子どもは
いきなり自転車に乗れるため
補助輪付き自転車を買わなかった。

という情報が山のようにあります。
なので、小さい頃から
キックバイクに乗ることは

  • 自転車の練習に苦労しない
  • 補助輪付き自転車を買わなくて済む

というメリットがうまれます。

また後記しますが、
自転車の練習時にペダルを外して
キックバイク状態にします。
なのでお子さんが小学生でない限り
まずはキックバイクに乗ることが
効果的です。

練習場所

これも私は後悔しました。
キックバイク、自転車、
どっちもそうですが
家の前の道で
やらせていました。
そうすると

  • 転んだときの恐怖心
  • 通行する自動車への恐怖心
  • 側溝への恐怖心

など良いことがありません。
特に自動車とぶつかってからでは
手遅れになります。
なので親が手間を惜しまず

練習は広い芝生の公園で行う

必要があります。

自転車の買い時

4才の息子(弟)はもともと恐怖心がなく
キックバイクで砂利の坂道を
ぐんぐん進んでいくほどです。
平坦な道でもスピードをつけた後
足を浮かしてのっています。
どう見ても自転車に乗れそうです。

そこでトイザらスへ自転車を
見に行きました。
そうすると最小で12インチのものがあり
身長80cmとかでも
乗ることが可能です。
息子は110cmありますが
18インチは足が届かないので
16インチを購入しました。

X-TRAILモデルで
ヘルメットまでセットになっています。
めちゃくちゃかっこいい。

サイドスタンドを購入

これも私の失敗談です。
娘が年長さんになったので
補助輪を外しました。
そこで気が付きました。

サイドスタンドがない。

その日からサイドスタンドを
購入するまで
自転車が立てられず
どれだけの苦労をしたことか。

当然自転車に付属してくる
ものだと思い
家中をトータル2時間は探しましたが
ないので諦めてトイザらスへ。
すると自転車売場には
大きな注意書きがありました。

補助輪付き自転車に
サイドスタンドは
付属していません。
ご注意下さい。

いやいや、私もなぜネットで
確認しなかったのか。
そしてサイドスタンドコーナーには
タイヤサイズごとに売られていました。
取付も補助輪がついていたところに
つけるだけなのでとっても簡単です。
価格も1000円程度。

いよいよ自転車の練習

前記した通りキックバイクに
なれている子どもは
いきなり自転車に乗れる
という情報がたくさんあります。
ご覧の方のお子さんが小さい場合
なるべくそれを目指すべきです。
ここからは乗れなかった場合の
練習方法について共有します。

私もネットやYoutubeを
たくさん調べましたが
ほぼ同じ情報でした。

  • ペダルを外す
  • 乗らずに押す
  • またいで地面を蹴って進む
  • ペダルをつけてこぐ

ペダルを外す

私もネットを調べたり
子どもを見ていてわかったのですが
「ペダルをこぐ」という動作が
最も難しいのです。
なのに大抵の人は
ペダルをこぐ練習から始めるので
うまくいくはずがありません。
また乗らずに押す練習のとき
邪魔になるので
まずはペダルを外します。

乗らずに押す

前記した通り複数の技術を
いっきに習得することは
難しいです。
そこでまずは、
ハンドル操作を練習します。
そのために、乗らずに押します。
補助輪があるときは
自転車が傾かないので
外す前後ではまったく違います。
走りながら押しても
思い通りに押せるまでやりましょう。

乗るけど地面を蹴って進む

次はバランスの練習です。
ここでは足で地面を蹴って
進んだときに、
ある程度スピードがあると
自転車が倒れないことを体感します。
なので下り坂でやるとベストです。
下り坂で足をつかずに進んで
ブレーキで止まれれば完璧です。

ペダルをつけてこぐ

いよいよここまできたら
ペダルをつけて最後の練習です。
ただハンドル操作ができ、
バランスもとれるので、
Youtubeでもすぐ乗れる
動画がたくさんあります。
問題点とすれば、

右足でペダルをこいだ後、
左足を乗せられず慌ててしまう

ことは考えられます。
ただ、前の練習で
スピードがあれば
バランスが取れることを
体感しているので、

右足でしっかりこいで
ある程度スピードがあれば
左足は急いでこがなくても
自転車は倒れない

ことを伝えましょう。
その場合再度下り坂で
練習することも効果的です。

娘の場合

実はいろいろ調べたものの
時間がなく(言い訳)、
めんどくさかったので(本音)、
私はペダルも取らず
家の前の道で乗らせていました。

近所の下り坂へも行きましたが、
恐怖心が残り
練習になりませんでした。

ですが、練習するにつれて
左足がペダルに乗り始め、
ある日突然乗れるようになりました。
前記したテクニックももちろん
有効ですが、スポーツの基本でも
ある通り

  • 長く自転車に乗る
  • 諦めずに練習する

こともやはりポイントでしょう。
娘は一回もこげず
全然楽しくないのに
2週間、20時間ほど
スタートの練習だけを
ひたすら繰り返していました。
努力が報われたのでしょう。

ちなみに、親が体を支えて
乗る練習はママと娘で
やっていましたが、
おそらく効果ないでしょう。笑
上記したどの練習にもならず
補助輪と同じになっています。

まとめ

  • 自転車は遅いと倒れてしまう
  • 小さい頃からキックバイクに乗る
  • 恐怖心を最小限にする環境
  • 技術を1つずつ習得する
  • 諦めずに練習を続ける

※ちなみに娘の小学校では
3年生から交通安全教室のとき
自転車に乗るようになるため、
最低でも3年生までにと
言っていました。

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました