【体験談】親が無知なのに突然娘がバレエを始めた話

パパのボヤキ

娘が年中さんのときに突然
バレエを始めたい
と言い出しました。

お友達に誘われたわけでもなく
なぜ言い出したか
2年たった今でも
わかりません。笑

とりあえず
自発的に言ってくれたこと
がとても嬉しくて
ママと相談して始めました。

1年弱ですがいろいろ経験
させてもらったのでご紹介します。

きまぐれ家族

きまぐれ家族は
「家族の毎日を楽しむ」
ための情報メディアです。

おでかけ情報から育児、グルメ、
パパの趣味、ママの美容まで
長野から発信しています。

Instagram、Youtube頑張ってます!
↓↓フォローお願いします↓↓

スポンサーリンク

教室選び

自宅から通えそうなバレエ教室が
2,3教室ほどありました。
やるなら中途半端に
なってほしくないので
以前から名前は聞いたことがあり
実績のある教室を選びました。

始める時期

娘は年中の終わりに
やりたいと言ったのですが、
パパの転職、実家への引っ越しが
重なってしまい
いろいろ落ち着いた
年長さんの秋に始めました。

時期的にはちょうど良かったと
思います。
教室には2才からいますし、
小学5年生から始めた子も
いるようです。
小さすぎても遊び程度、
大きすぎても遅くなるので
素人パパの勝手な見解では
年長から1年生で始めるのが
ちょうど良いと思います。

ただし体が硬いと苦労します。
娘は生まれつき柔らかいので
その点は問題に
なりませんでしたが。

費用

バレエは高い!というイメージは
私も以前からありました。
私の親もお金がかかるからと
心配していました。
ご覧のみなさんも
気になっていると思います。

結論、高くありません。
初期:1万円
月額:1万円

程度です。
一般家庭でも全然
問題ないと思います。

それ以外の費用ですが、
近所の公民館で練習をし、
いわゆるバレエバーや
曲などは揃っているので、
自分の衣装だけ必要になります。

  • 服(レオタード)
  • 肌着
  • タイツ
  • パンツ
  • シューズ

ママがネットで探して
すべてセットで5000円のものを
購入したそうです。

トウシューズ

バレエといえば
「トウシューズ」ですよね。
これ履きません!
娘の教室では
先生が実力を総合的に判断して
履かせることになっています。

そのとき先生から
プレゼントされるそうです。
なんて素敵な。
目安としては
小学校3,4年生頃のようです。

はじめは完全に柔らかい
練習用シューズを履きます。
ちなみに大きい子でも
ウォーミングアップのときは
これを履いています。

トウシューズになるまで
本番は「サテンシューズ」を
履きます。
よく知りませんんが
見た目では練習用シューズに
足首に巻く紐がつく
という違いです。

わかりやすいのでは
ステラルーが履いているやつです!

発表会

最後まで読んでくださいね。
残念ながら
発表会に出ると
そこそこお金がかかります。

ソロで踊るともっとかかるように
なるそうです。

また聖地ロシア留学する子も多く
その辺が高いと言われる
所以だと思います。

とりあえず娘は半年間で
3回の発表会を経験しました。
まず欠かせないのが

  • 曲の使用料
  • 衣装の使用料

になります。

一般的かはわかりませんが
娘の教室では
発表会の度に発生します。

またどちらも借り物なので
撮影禁止となっています。
本番も撮影禁止なので
思い出として残らないのは
かなり残念です。

そしてこれが、だいたい
1回5万円ほどかかります。

でもいくつもスポーツを
やってきた私からすれば
普通だと思いますけど。
特段バレエが高いわけでは
ないのかなと。

大きな発表会になると
会場を貸し切ったり
パンフレットをつくったり
練習が増えたりで
1回に15万円とか
かかるようになります。

なので結局
年間総額では
小学1年生の場合
30~40万円になる

と思います。

また大きな発表会は
親が大変です。
広告協賛を集めたり
チケットを売ったり
パンフレットを配ったり。

毎週日曜日も練習になるので
休みはなくなります。
当日も衣装替えに備えて
全身黒で楽屋に
スタンバイします。

でもそのへんも結局
何のスポーツでも
真剣にやるチームなら同じ

ではないでしょうか。

素敵な女性に大変身

ちなみに
男の子もたくさんいますよ。
うちの場合は娘なので。

バレエをはじめて
姿勢が良くなり
暇があれば踊る姿を見て
とても成長を感じています。
「5番」「アッサンブレ」とか
おしゃれな言葉も
発するようになります。

そして発表会。
芸術の世界に一人で飛び込み
見事演じている娘を
涙なしでは見られません。
ほんとうに
「始めてくれてありがとう」
と言いたくなります。

ママも練習や発表会の準備が
忙しくぶつぶつ言っていますが
続けてられているのは
発表会があるからだと思います。

これからも娘の成長が
とても楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました