【豊洲観光】豊洲市場、豊洲ランチ、東京駅、新橋、有明

おでかけ

5月下旬に2泊3日で
東京出張行ってきました。

仕事もばっちりこなしましたが
もちろん遊びもばっちりこなしました。笑

観光の方にも参考になると思うので
ぜひ最後までご覧ください。

きまぐれ家族

きまぐれ家族は
「家族の毎日を楽しむ」
ための情報メディアです。

おでかけ情報から育児、グルメ、
パパの趣味、ママの美容まで
長野から発信しています。

Instagram、Youtube頑張ってます!
↓↓フォローお願いします↓↓

スポンサーリンク

東京駅の朝食

私の地元長野駅から
北陸新幹線で東京へ向かいます。

今回は東京駅で朝食を食べるつもりだったので
無駄に始発で行きました。
いや、新幹線が止まった場合に備えて
早く行くというていで。笑

さっそく東京駅で大迷子。
マップがうまく使えずいろんなところを
行ったり来たり。
結果、とりあえず
地下への道を探しましょう!
これも一苦労ですよ。

そしたら
銀の鈴
を目指します。
どうやら待ち合わせの有名スポットらしく
たくさん人がいました。
ここへの看板は結構多く
設置されていました。
飲食店も鈴の近くにあります。

そしてようやくたどり着きました。
新幹線で頑張って調べた
マンゴーツリーキッチンガパオ
さんです。
どうやら「グランスタ」という場所のようです。

ちなみに今回の出張のテーマは
友人との呑みと豊洲市場の海鮮丼だけ贅沢をし、
あとはできるだけ節約する

です。
そこでこの
センレックナーム
ですね。いやこれが最高に美味でした。
ぜんぜん500円のクオリティでは
ありません。
東京出張でのヘビロテ確定ですね。

その他、

  • 牛たん利久
  • 築地寿司清

さんが隣に並んでおり
どこも朝食営業されています。

豊洲ランチ

東京駅から、山手線、有楽町線を経て
豊洲につきました。
山手線は1駅ですが
満員でやばかったです。泣

どうやらシロガネーゼをもじって
豊洲に住む人達を
トヨネーゼ、キャナリーゼ
というようですが、
確かに町並みも落ち着いていて
緑も多く素敵な場所でした。

1日目 ゆで太郎

本当は、別のお店を探していたのですが
よくよく調べると閉店していました。泣

そこで目に入ったお店に入ることに。
ただここが大衆向けの食堂で
質より量といった感じで
私の目的にぴったりでした。

特盛りそば 600円
を注文。つゆが2つついてくるレベルの量があり
かなり満腹になりました。
机にそば湯が常備されており
そちらも満足できます。

ただし、そばがまぁまぁ単調な味なので
そばと丼のセットにすることを
おすすめします。笑

2日目 珉珉

豊洲フロントや豊洲フォレシアといった
商業系ビルの1階は比較的高価なのですが
唯一といって良い安価な店をご紹介!
というか嫁が見つけてくれました。笑

外に設置してある看板は
やはりサラリーマンのランチには
比較的高価なのですが、
嫁を信じて入店してみると、、、

見つけました!
餃子セット570円
しかも唐揚げ杏仁豆腐も付いているので
かなり安価です。

こちらも味を期待してはいけませんが
十分満足できました。

3日目 どみそ

最終日のランチ、
なか卯にはじめて行こうと
思っていたのですが、
3日間頑張ったので(遊び)
ガッツリとラーメンが
食べたくなりました。

調べてみると、ららぽーと内の
どみそさんが絶品とのこと。
少し遠かったのですが
頑張って歩きました。

かなり大きなショッピングセンターの中に
どみそさんがあります。
人気店とのことで
私のときも5人ほど並んでいました。

味はというと、
最高ですね。
昨日までとは違い
500円ではありませんが、
その分極上の味噌ラーメン
食べることができました。

露店という選択肢

その他、豊洲地区には
露店がたくさん出ています。
しかも、周辺には
机やベンチがたくさんあって
まるでテレビのように
OLさんたちが露店のお弁当を
食べていました。

さすがにそんな勇気は
出ませんでしたが、
次回はチャレンジしたいと思います。

有明へ移動

宿泊ですが、
嫁調べだと豊洲付近には
コスパの良いホテルがないとのことで
有明に泊まることにしました。

そこで終点豊洲駅から
ゆりかもめで移動です。
3日間行ったり来たり、
思い出になりました。

サンルート有明

東京ビッグサイト駅から
徒歩数分でサンルートにつきます。
基本出張のときに
あまり綺麗なホテルへ泊まったことないのですが
今回は黒を貴重としたかっこ良い部屋で
清潔感もあって大満足でした。

2泊で16000円ほど
だったと思います。

源ちゃん

いや、どんだけ嫁に頼るんだって話ですが
夕飯どころも嫁にインスタリサーチしてもらい
サンルートの隣りにある
TFTビル内の源ちゃん
に行きました。

ざ、居酒屋!という雰囲気で
予定になかったビールを迷わず注文。笑

メニューもたくさんあるのですが
そんなにお金を使いたくないのと、
次の日豊洲市場で海鮮丼を
食べる予定だったので
真鯛の胡麻だれ丼を選択。

ひつまぶしのように
出汁を使って3回楽しめるのですが
これが最強に美味でした。
これで1000円なので
かなりおすすめです。

豊洲市場

1日目が終わり、2日目を迎えました。
実は、ゆりかもめの始発
新橋行きは早いのですが
豊洲行きは遅いのです。

豊洲市場のマグロのせりが始まる
5時30分までに行ける電車がありません。

そこで、30分かけて歩いていくことに。
前日8時に寝て、4時30分に起き、
5時に出発しました。
(そこまでするかよ。笑)

田舎もんからすると、
東京の早朝ってなんか良いんですよね。笑
まだ静かな東京を散策することができました。

いよいよ豊洲市場が見えてきました。
写真にレインボーブリッジと東京タワーが
写っています。
マンションなら最高の
ロケーションですね。笑

ちなみに豊洲市場において
観光は当然オマケ要素なので
入り口は限られています。
そこでいったん豊洲市場駅に
行くことがおすすめです。

そこは豊洲市場の3棟の中心となっており
看板も用意されているからです。

水産卸売場棟

まずはマグロのセリを見に行きました。
そこにも飲食店が数店あるのですが
ご覧の通り。
特に平日は早すぎると
営業していないそうです。

見学者ギャラリーへ。
そういえば建設中はいろいろ問題が
あった気がしますけど。
結果オーライなんですかね。

ちなみに、豊洲市場は
めちゃくちゃ歩きます!!!
写真程度の廊下がいたるところに。
覚悟しておいたほうが良いです。笑

念願の競り場へ到着。
買う人は懐中電灯で照らしたり
少し削ったりしながら
見定めているようでした。

ちなみにこの2階フロアでは
声は聞こえません。
事前予約すると
特別フロアに入れるようで
そこならば声もばっちり
聞こえるようです。

今回は行ってからその存在を
知りました。残念。

他にも遠目からですが
流通の様子を見ることができます。
海なし県の長野県民としては
自分たちが食べる海鮮は
こういうところから来るのかと
感慨深い気持ちにもなりました。

水産仲卸売場棟

続いて道を挟んだ反対側へ。
ここに市場最大の飲食店街があります。
ここもめちゃくちゃ歩きますよー。笑

みなさん、5時30分ですよ5時30分。
築地時代から超人気店の寿司大さんは
既にこの行列です。

私は海鮮丼目当てなので
競合しませんでしたが、
ここまで人気だとかなり気になります。

今回事前リサーチで
2店舗に絞っていたのですが
(またまた嫁リサーチ。笑)
1店舗が6時30分から営業だったので
良い意味で迷うことなく行けました。

そして今回はこちら!
仲家さんです。
こちらも築地時代から人気店で
特にコスパでは1位のようです。

うにいくら中落ち丼ですね!
これで2000円しないんですよ。

しかも写真では伝わりませんが
そのへんの海鮮丼とは
鮮度、味が段違いです。
ひっさしぶりに仰天する
海鮮丼を食べられました。

食べ終わり、更に奥へ進むと
見学ギャラリーに突き当たります。

豊洲(築地)名物ターレーが展示してあります。
運転してみたいですね。
家族なら絶好の記念写真スポットですが
ひとり出張なので
少しさびしくなりました。

こちらの市場の様子は
ほんの隙間からしか見せていません。

そこから2階へ進むと
魚以外の雑貨フロアにたどり着きます。
ようは働いている人の
商店街、といった感じのようです。

そしてこちらも豊洲名物の
屋上広場へ出ることができます。
意外だったのが
飲食禁止なんですよね。
ピクニックにもってこいですけど
確かに美化にも気をつけたい感じですね。

360度東京が一望できます。
この時点でもまだ6時とかで
静かな東京をゆったり眺めました。

しかもレインボーブリッジの隙間から
富士山をはっきりと望むことができました。

青果棟

また正反対へ大きく歩くことになりますが
最後の青果棟へやってきました。
既にかなり歩き疲れていましたが
記念なので妥協せず。

からのこの廊下ですよ
泣きたくなりました。笑
しかも水産と違って青果は
長野県民としては身近なので
あまり衝撃もなく終了しました。笑

サラリーマンの聖地「新橋」で旧友と再開

大学の友人に声をかけたところ
みんな集まってくれることになり
ゆりかもめの反対側の終点、新橋へ行きました。

SL前集合だったのですがやばい人混みですね。
まったく出会うことができず
結局スマホを使って会いました。

友人のおすすめで今回は
八吉さんへ
お邪魔しました。

お通しが蟹みそ、
かなりやばいお刺身も出てきて
この日は豊洲市場も行ったのに
最高の鮮魚祭りになりました!

ちなみに田舎もんなので
電車でレインボーブリッジを通ることに
大興奮。

次回はぜひ子どもたちにも
見せてあげたい景色です。

有楽町のお土産

帰り際、東京駅でお土産を買う予定でしたが
有楽町で有楽町線から山手線へ乗り換える途中、
1店だけですが素敵なお店を見つけて
お土産を購入することができました。

家族もいつもどおり
東京ばな奈とかクッキーとかを予想していたみたいで
おしゃれなクレープにとても喜んでいました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
だいたい観光のときは自動車で行くので
今回の電車観光は違った東京を
知ることができました。

また出張に行くときには
「おまけ」で観光も楽しんで
再びここでご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました