【こどもカメラ】こどものプレゼントにカメラをオススメする理由

パパの独り言

こどものプレゼントって
親の大きな悩みのひとつですよね!笑
サプライズで買ってまったく使われなかったり
かといって本人の希望のおもちゃや
ゲームは買いたくなかったり
。笑

そこでオススメしたいのが
デジカメです!
その理由や選び方をご紹介していきます。

きまぐれ家族

きまぐれ家族は
「家族の毎日を楽しむ」
ための情報メディアです。

観光や遊園地などのおでかけ情報から
グルメ、育児、パパの趣味まで
とにかく楽しむ方法を
長野から発信していきます!

↓↓フォローお願いします↓↓

スポンサーリンク

子どもにカメラを持たせる理由

それはやはり
子どもの個性が最大限発揮されること!
です。

みなさんの中にも
子どもが親のスマホで勝手に
撮った画像が意外な視点で素敵だった

と思った経験が
ある方がいると思います。

絵にも個性が出ると
よく言われますが、
写真はその延長線上にあると
思います。

またカメラは遊びにもなるので
おもちゃと同じ時間の使い方
することができます。

男女共用ですし、
ある程度の性能のカメラを購入すれば
親が借りて使用することも
できます

実際私も子どもに購入して
2ヶ月が経過しましたが
特に4歳の息子(弟)がはまっており
嬉しそうに持ち歩いています。

その画像から個性が見えて
なんか本人の気持ちまで
見えるような気がします。
もちろん写真は思い出にも
残りますし、久々に
良い買い物をしたなと思っています。

カメラの選び方

正直、大人と違い
子どもはの行動は予測不能です。笑

かといって、
壊れそうな使い方をしている度に
指摘をしていては、
子どもも嫌になってしまいますし、
せっかく子どもの個性を表すための
カメラの意味がなくなってしまいます。

ではどうすれば良いか。
壊れないカメラ
を買えば良いのです。
よって、

  • 耐衝撃性能
  • 防水性能

が必須になります。

画素数は必要ないと思うので
iPhone 6のインカメラの
500画素もあれば
十分だと思います。

ちなみに数千円台のキッズカメラや
ゲームに付属しているカメラを
私も検討しましたが、
細かい機能が付属していなく
画素数ではわからない
画質の低さが目立ったり

子どもが写真だけに
夢中になれないことから
やめました。

オススメのカメラ

こどもに買うカメラで
私がオススメしたいのが、
Nikon COOLPIX W100
です。
というかこれ以外考えられません。

とはいいつつも、
私が購入した2019年7月6日時点で
既に製造中止品でした。orz

ネットを見ても
結構売れているので、
安価すぎて利益が出ないから
中止したのではないかと
勝手に推測しています。笑

それほど性能が高くて
安価なカメラです。

  • 耐衝撃性能1.8m
  • 防水性能10m
  • デザインがかわいい
  • 1317万画素

これだけの性能を備えて
約14,000円で購入しました
私の10万円を超える
iPhone 8の1200万画素を
超えていますからね。笑

今のところ後継機種はなく
他メーカーでも
性能が低くて安価

性能が高くて高価
なカメラしかありません。

もしネットや中古ショップにあれば
購入することを強くオススメします

Nikon COOLPIX W100

やはり購入して早速驚くことは、
デザインの良さ
です。

絵の可愛らしさもあるのですが、
表面の光沢とツルツル触感が
さらに可愛さを増しています。

同デザインのケースもあるのですが
4,000円ほどするので
100均で購入しました。笑

撮影ボタンが
画像(右)、動画(左)と分かれており
使いやすさが目立ちます。

初期設定やもろもろの設定も
非常に単純になっており
使いやすさも100点です。

ちなみに
海水で使用した後は
10分程度水道水につけることで
砂出しができる

とマニュアルに書いており
海水でも使用可能ということに
なります。

32GBのSDカードを挿入したので
画像や動画を撮りまくっていますが
全然平気です。
1317万画素もあるので
画像1枚6MBほどになります。

防水なので充電のUSBが
蓋の中にあるのは少し手間ですが
それはしょうがないです。
充電自体も1ヶ月に1度程度の
頻度になると思います。

子どもの画像集

2ヶ月の間に200枚ほど撮影しました!笑
その中で最も驚いたのがこの画像です。

庭にはえている猫じゃらしの画像を
撮ろうなんて大人は思いませんよね。
でもとっても素敵な1枚に
仕上がってると思います。

次がこちら!
祖母の料理風景です。
子どもの料理チャレンジは
もちろん画像に残しますが、
こういった日々の当たり前を
撮影できる子どもには
本当に驚かされます。

次は弟が撮影した
姉の勉強風景です。

姿勢の悪さはおいといて、笑
大人が撮影すると
もっと上からのアングルになりがちですが
弟ならではの下からアングルが
リアリティを出しています。

防止性能の活用

最後はパパがカメラを借りて
プールで撮影しました。

自分のiPhone 8はIP67防水なので
数cm程度の水没にしか
耐えられず、壊れたら
とっても困るので
試したくもありません。笑

まずは水面ギリギリの画像。
水面の波まで写っていて
なかなかの写真だと思います。

そして水没!
これまで子どもたちと
幾度となくプールや海へ
出かけていますが、
水中写真を撮れたのは
これが初めてです。

きれいに撮れていて
すごく驚きました。
これからも最大限
活用していこうと思います。

まとめ

子どもカメラは必須です!
子どもは遊び感覚なのに
個性が鍛えられて
思い出にも残り
良いことしかありません。

ぜひ購入を検討しては
いかがでしょうか。

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました